未分類

肩こりはどこからくるの⁈

腕が内に巻く事でなります。

腕を使う時、例えばパソコン作業や書き物、ハンドルを握ったり、ネイルのお仕事をしたり、包丁を握ったり。

その時間が長かったり、集中度が高くなると、腕を内にグーっと、絞っていっている状態になります。

そうする事により、腕を内に回旋させるという動きになります。

この動作を、”回内”と言います

試しに、親指を内側に内にひねってみて下さい。

よーくみると、前腕の肘の辺りも一緒にねじれていませんか?

そうなる事により、体が連動し力こぶの辺りから脇の内側、そして胸までひねられていきます。

結果、親指の内向きが胸の内向きに繋がっている事がわかりますよね。

胸の筋肉は作用が強力⁈

胸の筋肉、大胸筋は体積が大きく、体に対する影響も大きいです。

つまり、大胸筋の状態次第で肩こりや腰痛や、首こりにも大きく影響してくる事がわかります。

そして、大胸筋は鎖骨と繋がっていて、鎖骨は肩甲骨、骨どうしが繋がっているので肩甲骨の動きも、胸の大胸筋が硬くなると、悪影響を及ぼします

肩こりは腕をほぐして。

腕をたくさん使ったり、長時間の集中型の方は確実に手の”回内”から、内側に体がねじれて結果的に、肩こりになってしまっています。

腕の、特に腕橈骨筋という硬くなりやすい、筋肉をアプローチしてあげてください。

そうする事により、肩こりを作っている原因の筋肉をほぐす事が出来ます!

 

-未分類

© 2020 【福岡市西区姪浜】顧客満足度1位実績1位を目指す筋膜整体院「K-Style」