未分類

腰痛が治らない理由。

腰を柔らかくするという勘違い。

腰痛がある方は、腰が硬いから痛みが出る。

なので腰を柔らかくしよう、腰をストレッチしようと腰に対してどうにかしようとする方がいらっしゃいますが、それでは腰痛は治りません。

体の役割、そもそもの役割を再認識しましょう。

腰自体は、体の中で”安定性”を担っています。

簡単に言うと→腰あまり動かない場所です。

逆に言うと、あまり動いてはいけないのが腰、腰椎になります。

まずは、理解しましょう。

沢山動かす部分は、股関節です。

股関節は体の中での役割は、可動性です。

簡単に言うと→しっかり動かさないといけない場所になります。

股関節は、体の中で良く動ける関節になっていてしっかりと動いていかなければいけません。

腰痛の方は、股関節が硬い方が8割以上になります。

股関節に関わる筋肉は、お尻、太もも、ハムストリグス、ふくらはぎ等になります。

お尻の筋肉や太ももの筋肉は骨盤に繋がっていて、これらの筋肉が硬くなると股関節の動きが悪くなり、腰に負担がかかります。

腰痛の方はまずは股関節の動きから。

まだまだ、腰痛改善を腰にマッサージをしたり腰をストレッチしたりしている方が沢山いらっしゃいます。

私も、実は元々腰痛持ちです。

かがんだりも一苦労でした。

しかし、腰痛の改善策を知っていたので数ヶ月で腰痛は改善されました。

まずは、日頃体を動かしていく事に対して、腰が先に動きだすのではなく、股関節を動かす癖をつける。

その為に、腰痛の方はまずは、お尻の筋肉や太ももなどの柔軟性を回復しましょう。

腰痛から卒業する為に、少しずつその原因を一緒に理解していきましょう🍀

-未分類

© 2020 【福岡市西区姪浜】顧客満足度1位実績1位を目指す筋膜整体院「K-Style」